Vストローム650XTで慣熟走行 -京浜島つばさ公園-

毎年、春から秋の間に数回のツーリングに出かける以外は、意識的に作らないとオートバイに乗る機会はほとんど無いため、ツーリングの間隔が空くときや冬の間は、気分転換を兼ねてトレーニングに出かける様にしています。

こういう時に足が向くのは、大抵「京浜島つばさ公園」です。
ここは、羽田空港を離着陸する飛行機が見える場所としても有名なところですね。
公園に向かう途中の国道357号でエンジンの調子を見てみたり、島内に入ってからは発進停止の練習(やっぱりフラつくとカッコ悪いじゃないですか)をしてみたりしています。
私の自宅から30分程度の距離にあり、現地で過ごす時間を含めても2時間程度で往復できるので、奥さんの許可も得やすいという理由も有ります。

目次

京浜島つばさ公園の周辺環境

京浜島の地図
出典:国土地理院ウェブサイト

「京浜島つばさ公園」は、京浜島の羽田空港側の縁に沿って南北1㎞ほどに亘って細長く緑地が造られています。
京浜島には清掃工場やリサイクル工場が有るので、土日でも清掃車や廃品回収車の出入りが有ります。とは言え、公園横の道をそれらのクルマが頻繁に通る訳でもないため、閑静とは言えないもののそれほど騒がしさを感じることもありません。また、広い場所が少ないことから、大勢の人が集まるには向いていないと思います。

休日には、公園沿いの道にオーナーのこだわりを感じられるクルマやオートバイが停まっていたり、トレインを組んで周回しているロードバイクの集団などをよく見かけます。
公園を訪れる人たちは、思い思いに自分の時間を楽しんでいるように感じられるので、一人でも気兼ねなく行ける雰囲気が気に入ってます。

京浜島つばさ公園の駐車場

駐車場利用時間掲示板

この公園には、北側のB駐車場と北端と南端の中間あたりにあるA駐車場の2つの無料駐車場があります
ただ、どちらもクルマが7~8台停められる程度のスペースしかなく、土日の10:00頃にはほぼ満車状態なので、ここにオートバイを乗り入れて停めるのは気が引けますし、逆に出し入れするのも面倒に感じます。
実際、私の場合は、缶コーヒー等を飲んでトイレで用を足したら、すぐにまた走り出してしまうので、トイレ近くの路肩に止めてしまうことが多いです。

なお、京浜島は、全域が駐車禁止取締り重点地域になっているようで、近頃は以前に比べて駐車監視員のおじさんや警察車両を見かけることが多くなりました。

京浜島つばさ公園のトイレ

私にとっては、トイレの場所は出かける際の最重要チェック項目ですが、縦に1㎞もある「京浜島つばさ公園」には、ありがたいことにトイレが3ヶ所もあります
1つはB駐車場のそばの「つばさ広場トイレ」で、2つ目はA駐車場から南側に200mほど離れた場所にある「つばさ展望トイレ」、3つ目は公園の最南端にある「かどっこトイレ」です。
これらは、ここ2年くらいの間にリニューアルされた様で、同じようなコンセプトで設計されており、とてもきれいで使いやすくなっています。

つばさ広場トイレ

つばさ広場トイレ外観
全景
つばさ広場トイレ右側
右手側

こちらは、「B駐車場」そばにある「 つばさ広場トイレ 」。
エリアが仕切られており、入った先の左手が女性専用になっているので、右手が全部男性専用かと思いきや、3つある個室のうち手前の2つ(1つはバリアフリー)が男女共用で、奥の個室とさらに奥にある2つの小便器だけが男性用という、ちょっとトリッキーな造りです。
建物の横には自販機があり、羽田空港側にはベンチもあります。

つばさ展望トイレ

つばさ展望トイレ外観
つばさ展望トイレ入口

こちらは、「 つばさ展望トイレ 」。
バリアフリーのスロープを登って入口から入って行くと、正面に羽田空港のB滑走路脇でお休みしている飛行機たちが見渡せる展望デッキになっています(残念ながら展望デッキにはベンチ等はありません)。

つばさ展望トイレ個室
つばさ展望トイレ眺め

トイレは、写真右手(入口から入って左手)の一番奥が女性用、写真左手の手前2つが男性用(手前から2つ目は小便器のみ)、他の2つは男女兼用(1つはバリアフリー)で、5つ全て室内に水道も付いている個室という構成になっています。
「 つばさ広場トイレ 」 も同じですが、男性用でも個室内には幼児を座らせておける椅子が設置されており、今風に言うところのイクメンの利用にも配慮されているトイレです。
30年近く前に、子供を外に連れて出掛けてこいと頻繁に奥さんから仰せつかっていた「元祖イクメン」(?)を自称する私からみても、よくできています。
また、いつ行ってもトイレットペーパーがちゃんと補充されているのでとても安心です。

建物の造りとしては、展望デッキの屋根が結構張り出しているので、夏場などの日差しの強いときでも日影が出来て、海風のお陰もあって涼めるところがお気に入りです。
私にとっては、一番利用頻度の高いトイレですね。
建物に自販機は併設されていませんが、横断歩道を渡った道路の向かい側の工場横に何台か設置されているので、特に不便はありません。

かどっこトイレ

かどっこトイレ
四阿

公園の最南端にある「かどっこトイレ」。
公園横の道を北から南に進むと、国道357号の東行きに合流するために曲がるカーブのところでチラッと見えます。
トイレの前には飲み物の自販機が設置されており、海側にある数段の階段を上ると四阿があり、ベンチも設置されています。
この施設の前を通る道は、幅員が狭くなっていて路肩に車両が停め難いことから、この公園の中でも人気の少ないエリアになっていると思われるので、ベンチに座って目の前の運河の先に駐機している飛行機を眺めながらぼんやりするのに良いですね。

京浜島つばさ公園の広場

つばさ広場トイレ前

「つばさ広場トイレ」から北側は、この公園の中で唯一の広場になっています。
広場と言ってもこじんまりとした印象ですが、無料でバーベキューの利用もできるので、タープを張ってデイキャンプを楽しんでいる人の姿をよく見かけます。

バーベキュー等の利用に際しては、公園管理者の運営する「東京港南部地区海上公園ガイド」をご確認ください。

その他(参考)

似たような人工島の端にある公園に「城南島海浜公園」があります。
こちらは、有料のキャンプ場やドッグラン、砂浜やスケボーのできる施設などが有って、全体として広々としています。
駐車場も2ヶ所あり、クルマは有料になっていますが、うれしいことにオートバイは無料です。
ただ、二輪用の駐車スペースは狭いのと、道路から駐車場に入るオートバイ用入り口の柵の幅が多少気を使うサイズです(これは、Vストローム650XTの様に車体サイズが大きめで重心も高めの車種に乗っていて操作は下手という私の様な者限定の話ですが)。
また、上記の様な施設があるので、京浜島つばさ公園と違ってファミリー用途が多い雰囲気なので、オートバイで乗りつけるのは多少気後れするところがありますかね。

こちらの「城南島海浜公園」に興味のある方も、「東京港南部地区海上公園ガイド」をご確認ください。

以上、なぜか「京浜島つばさ公園」の(主にトイレの)紹介になってしまいましたが、この公園は心が落ち着く良い場所なので、これからも私たちボッチに優しい場所であって欲しいと心から願っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる