【フルパニア化】Vストローム650XTにSHAD SH23を取り付ける

GIVI等のメジャーなメーカと比べると安価で、デザインも自分好みのオートバイ用トップケース/サイドケースメーカのSHAD。トップケースのSH48は、Vストローム650XTと同時に購入してバイク屋さんに取り付けしてもらいました。

当初は、ツーリング時にレインウェアやお土産を入れることを想定しても、このサイズのトップケースだけで十分だろうと考えていたのですが、あちこち出かけて使っているうちに、ツーリング先での防犯や天候の変化を考えると、ヘルメットとライディングジャケットをトップケースにしまっておきたくなりました。そこで、サイドケースを追加して積載量を増量する計画に着手。

購入するサイドケースは、全体のイメージを統一する観点からトップケースと同じSHADで揃えようと思っていたので、日本では2種類しかないサイドケースのラインナップ(SH36とSH23)のどちらにするかを考えるだけ。そして、使い勝手を考えた結果、ふたが上に開く方式のSH23を選択しました。できればもう少し容量の余裕が欲しかったのですが、無いものねだりなのでそこは妥協ですね。

商品の購入については、できるだけ最小限の費用で仕上げたかったのでネット通販を利用することにし、取り付けも自分でやってみることにしました。
しかし、日本国内でメジャーとは言い難いSHADの、さらにオートバイとしてもメジャーではないVストローム650XTへの取り付け事例は、ネット上で探しても見当たりませんでした。やむを得ず、他の車種での取り付け事例を参考にすることにして、SH23と3Pシステムフィッティングキットを海外通販サイトのmotardINNにて注文(ここは、海外通販サイトといっても日本語で商品紹介してくれているので助かります)。価格は、日本国内だとおそらく70,000円くらいのところだと思いますが、まとめの項目でも示している通り40,000円弱で購入することができました。
(実は、商品到着までに若干の配送上のトラブルがあって冷や冷やしたのですが、今回のメインテーマではないので割愛します。)

それでは、以降で具体的な取り付けまでの流れをご紹介していきます。

目次

用意するもの

一連の作業に必要なものは次の通りです。

SH23本体
SH23
SH23の付属品
SH23の付属品
3Pシステムフィッティングキット
3Pシステムフィッティングキット
3Pシステムフィッティングキットの付属品
フィッティングキットの付属品
リーマー
リーマー
  • サイドケース SHAD SH23
  • 3Pシステムフィッティングキット
    (Vストローム650対応品番 SOVS68IF)**品番について下記の注意を参照願います**
  • リーマー Φ22mm
    フィッティングキットを取り付けるため、サイドパネルのボルト穴をΦ16mmまで広げるための工具です。近くのホームセンターで購入しました。
  • 六角レンチ
    サイズ 4㎜、5mm、6㎜
  • プラスドライバー

2022年1月現在、SHAD本国の公式ホームページにて、現行Vストローム650対応品番としては「SOVS61IF」が確認できます。
以前は、SH23対応と、SH35(日本未発売)・SH36対応のフィッティングキットは異なる品番でしたが、共通になった模様です。
ただし、同ホームページで閲覧できる説明書によると、SH23対応と、SH35・SH36対応では、(どちらにも対応できる様、部品は同梱されていると思われますが)後者の方がより車体からのクリアランスが必要らしく、フィッティングキットを車体に取り付ける際に使用するカラーとボルトの長さが異なっていますので、SH23に対応する目的で取り付けた場合には、(各サイドケース対応のエンド部品に交換しても)そのままSH35やSH36を取り付けることは出来ないでしょう(その逆は可能かもしれません)。
なお、同時点で、SHAD Japanの公式ホームページでは確認できなかったため、まだ反映されていないのだと思われます。

<2022年5月追記>
「SOVS61IF」は、楽天市場とYahoo!ショッピングで販売していることが確認できましたので、SH23と併せて以下にご紹介しておきます。
海外通販よりは、購入に際しての敷居が低くなったのではないでしょうか。

取り付け前加工作業

3Pシステムフィッティングキット パイプエンド部品交換

3Pシステムフィッティングキットのパイプエンド部品を取り外し、SH23に付属していたものに交換する作業です。

エンド部品初期状態
エンド部品取り外し

エンド部品を止めているネジをプラスドライバーで緩めて外し、部品自体を手でねじりながら外します。若干力が必要ですが、非力な私でも問題ありません。

エンド部品交換後

次にSH23付属の部品を手でねじ込み、ネジ穴位置を合わせてネジを締めます。
この作業を左右両側のフィッティングキットに対して行います。

部品をはめ込む際に、ゴムハンマーなど叩くものが有ったほうが捗るかもしれません。

Vストローム650の後部サイドパネル取り外し

サイドパネル初期状態

タンデムシート下に位置する左右のパネルを取り外します(5箇所が六角ボルトで留められています)。

普段は外すことはないので、この機会にフレーム側の汚れを拭いておくのも良いでしょう。

フィッティングキット取り付け穴の加工

サイドパネル穴拡張中

肝の作業です。
取り外したサイドパネルの下側2つのネジ穴を、車体とフィッティングキットの間に挟むスペーサーを通せるようにΦ16mmまで拡張します。

既存の穴と同心円で広げていかなければならないのですが、リーマーを使うのが初めてだったこともあり、苦労しました。
結局、左右で4つの穴のうちの1つは、同心円からずれてしまったため、修正した結果楕円になってしまいました。でも、このパネルは、拡張していない他の3つの穴で車体に留められるので、取り付けには影響はありません。

サイドパネル穴拡張後

一通り、穴の拡張作業が終わりました。

作業時間は、リーマーをねじる際の力加減が分からなかったため、慎重にしすぎて最初の1つだけで1時間弱もかかってしまいました。
その後は、精度よりスピードに重点を置いて、1つ30分程度で作業できるようになりましたが、ちょっと雑な出来映えになってしまいました。
電動工具をお持ちの方は、全て行っても30分もあれば済むのでしょうね。

3Pシステムフィッティングキット取り付け

サイドパネル取り付け

加工して穴を拡張したサイドパネルを元の位置に取り付けます。その際、使用するのは上段の3つのボルト穴だけです。

タンデムステップ取り外し

タンデムステップ取り付け部

フィッティングキットは3点で車体にボルト留めしますが、そのうちの1箇所は、タンデムステップ(写真の〇印の位置)と共締めするため、タンデムステップを車体から取り外します。

タンデムステップとフィッティングキット取り付け

いよいよフィッティングキットを車体に取り付けます。

フィッティングキット仮止め

まずは、フィッティングキットが車体から落ちない程度に付属のボルトを使って締めて仮止めします。

フィッティングキット自体がそこそこの重さが有るので、キットを片手で支えながらもう一方の手でスペーサーをかませつつ、ボルトを締めるのが結構難しいです。

タンデムステップ取り付け部(上から)
タンデムステップの位置 (上から)
フィッティングキット取り付け後(後方から)
後ろからのイメージ

タンデムステップのところも、車体-スペーサー-フィッティングキット-タンデムステップの順にして付属のボルトで取り付けます。
そして最後に、全てのボルトを均等に締めこみます。

特に指定トルクは無かったで、締め込みの力加減は感覚的なものになります。
なお、タンデムステップは、スペーサーを挟み込んだ結果、初期状態より20㎜程度車体から離れた位置に変わります。

サイドケース取り付け

最後にサイドケースを取り付けてみて、ガタつきが無いか確認します。

取付箇所(SH23側)
取付箇所(フィッティングキット側)

SH23とフィッティングキットのそれぞれの四角で囲った箇所を①から③の順に合わせて行って(・・というよりは①と②は同時くらいのイメージ)、最後にSH23の③の位置のフタ内部にあるスプリングが付いた固定具で固定するという手順で取り付けます。

少し、薄暗くて見にくいかもしれませんが、動画も撮ってみましたので、取付け手順の参考にしていただけたら嬉しいです。

取り外す際は、この逆の手順になります。

SH23取り付け後(左側)

左右を同じ手順で取り付けて完成です。

SH23取り付け後の幅

取り付けた状態で幅を測ったところ、90㎝弱でした。
車体の全幅と同じくらいですね。

まとめ

最後に、今回の一連の作業に関わる費用や時間、使用感などをまとめておきます。

総費用

サイドケース取り付けに要した総費用です。
一般的なサイドケースの値段を考えると、かなりお得な気分です。
金額は、為替レートの関係で細かくなりすぎたので、丸めています。

  • SH23 約19,000円
  • 3Pシステムフィッティングキット 約19,500円
  • リーマー 約2,000円

作業時間

お金と引き換えにして、作業に費やした時間です。
面倒な方は、素直にお金を払ってバイク屋さん等にお願いしましょう。
私としては、トータルで半日程度で済んだこともあり、良い経験をしたと思える範囲です。

  • フィッティングキット パイプエンド部品交換 0.5時間
  • パネル取り外しと穴加工 3時間
  • 3Pシステムフィッティングキット取り付け 1時間 

使用感

何度か使用してみた感想です。
総じて納得の買い物でした。

なお、私は使用するときだけ車体に取り付けることにしています。
毎週オートバイに乗るわけではありませんし、サイドケースを付けっぱなしで被せられるバイクカバーを持っていないという理由も有ります。

片側23ℓといっても、なかなかの容量があります

私は、レインウェア、ブーツカバー、ツーリングネットなど出番が頻繁にある訳ではないものを車体右側のケースに入れて、出し入れの機会が多いものを左側のケースに入れるよう仕分けています。

耐荷重量は、片側5㎏ということで、500mlのペットボトル10本と考えるとかなりの重量だと感じます。

また、当初目論見通り、サイドケースを付けたおかげで、ヘルメットとジャケットをトップケースにしまえるようになったので、安心感が高まりました。

ふたが上に開くのは本当に便利です

目的地に着いてグローブを放り込んだり、買っておいた補給食やペットボトル飲料を出して飲食したりするのにアクセスしやすいです。

ただし、ふたの蝶番が車体外側についていて、内側から開ける様になっているので、車体横に立っての出し入れはし難いですし、ふたを開けた状態で保持する機構は付いていないので、手で押さえていないと閉まっちゃうというネガティブな点が有ります。

なお、ふたが内側から開く様になっているのは、乗車した状態で開閉できる様に配慮した設計でしょうか。確かに、手は届くので開閉はできそうですが、ふたは、つめ等の保持機構もないので、ロックしていない状態では一般道はともかく高速走行はパカパカ開きそうで怖いです。かといって、キーシリンダーは後方側にあるため、停止時に体をひねって手を伸ばしてロックの開閉をするというアクロバティックなことが可能なのか、立ちごけのリスクを背負いながら試す気にはならないので、どなたか試してみた方から感想を伺えたら幸いです。
<2022年7月追記>
ふたが内側から開くのは、トップケースとのクリアランス確保のためではないかとのご指摘を読者の方からいただきました。流石に、乗車したまま開閉するのは難しいですよね。どうもありがとうございました。

3パニア状態
三点盛りイメージ

以上、SHADのサイドケースSH23を取り付けるための作業と使用感をまとめてみました。
同じものを検討している方の参考になったらうれしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (5件)

  • Vストローム650XTに乗っています。このブログを参考にSH23を購入し、取付ました。丁寧な説明のおかげで、うまく取付ることができました。ちなみに穴あけは、当初ドリルを買ったのですが、うまくいかず、結局普通のはさみを入れて、ぐるぐる回して開けました(笑)。本情報をアップしていただき、ありがとうございました。

    • 八咫烏さま
      ご丁寧なコメントをいただきありがとうございます。
      この拙い記事がお役に立つことができたと知り、大変うれしく思います。
      穴の拡張作業はご苦労されたそうですが、それでも無事に取り付けられたということで、何よりです。
      このくらいのサイズでも、サイドケースがあると何かと便利ですから、これからのツーリングが楽しみですね。
      私も、旅を楽しみつつ、またお役に立てるような記事をアップして参りたいと思います。

  • 「3Pシステムフィッティングキット」の設定が無い車種への流用のため情報を探しておりこちらに辿り着きました。
    参考にさせて頂きたいのですが、ケースの脱着はどういった形で行われるのでしょうか?
    お時間のある時にでも画像など踏まえて解説頂ければ幸いです。

    ちなみに、恐らくですが、「教えてふたが内側から開く様になっている」のは、トップケースとのクリアランスが確保しづらい車種の場合でも、蓋の開閉がし易いからではないでしょうか。

    • わんちゃん大好き犬太郎さま

      コメントをいただきありがとうございます。
      ケースの車体への脱着手順について、少し時間がかかってしまうかもしれませんが、記事に追加してみたいと思います。
      差し当たってですが、以前YouTubeの「SHAD motorcycle casesチャンネル」で見たことがあるのを思い出しましたので、以下にご紹介いたします。
      2本あり、どちらもサラッとした内容ですが、ご参考になりましたら幸甚です。
      ■Technical video – SH23 Alu Look Side Cases
       (https://youtu.be/LH1O2Db5vL0)
      ■SHAD SH23 Maletas laterales
       (https://youtu.be/w5rQpoI7xBY)

      また、フタが内側から開くようになっている理由は、トップケースとのクリアランス確保ということですか。確かにそうですね。
      その様な視点が全く無い素人なので、勉強になります。
      また何かお気づきの点が有りましたらご指摘ください。
      ありがとうございました。

    • わんちゃん大好き犬太郎さま

      先日コメントをいただいたサイドケースの車体への脱着手順について、簡単ではありますが記事に追加しましたのでお知らせいたします。
      よろしければ、お時間のある時にでもご覧いただけましたら幸甚です。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる