【ただいま巡行中】「日本三大美肌の湯」を体感する

文字通り、お肌への効能が良い温泉として謳われる「日本三大美肌の湯」。
その謂れについては諸説ある様ですが、喜連川温泉(栃木県さくら市)、斐乃上温泉(島根県仁多郡奥出雲町)、嬉野温泉(佐賀県嬉野市)の3湯がこれに当たります。
地理的には、関東、中国(山陰)、九州と、それぞれ散らばって存在していることから、全てを体験するというのはなかなか難易度が高いですよね。

そんな「日本三大美肌の湯」ですが、意図せずこのうちの2湯を体感することができたので、多少なりとも参考にしていただけるかと考え、あまりセンシティブとは言えない人間の感想ですが、共有させていただこうと思います(残りの1湯についても、そう遠くないうちに浸かりに行こうと計画していますので、体験出来次第アップデートいたします)。

目次

嬉野温泉(佐賀県嬉野市)

関東地方の外に出て住んだことの無い私でも、一度は耳にしたことがある「嬉野温泉」。
神功皇后(在位は西暦200年頃とされる)が征西の帰途に立ち寄って、戦いで疲弊した兵士の傷を癒したという謂れが有るほど歴史がある温泉です。

初めて訪れたのは、2022年春の夫婦での九州旅行でした。
この時は、嬉野温泉街から少し離れた「椎葉山荘」に1泊したのですが、そこのお湯は源泉が異なる様で、日本三大美肌の湯といわれるものとイメージが合わず、奥さんも私も釈然としないまま帰路に着くことになってしまいました。

「椎葉山荘」は、嬉野温泉街にある創業100年の老舗「大正屋」の系列で、系列旅館のお湯を相互に楽しめるよう無料送迎バスが出ているのですが、その時はゆっくりしたかったという理由があるとはいえ、利用しなかったことが後になって本当に悔やまれました。

幸いにも、2022年秋にオートバイのツーリングで九州を訪れる機会ができ、これを利用しない手は無いだろうということで、泉質が気になっていた「嬉野温泉」に改めて立ち寄りました。
当初、「大正屋」の日帰り温泉に入浴するつもりだったのですが、入浴可能時間になる前にそこを発たねばならないというスケジュール上の理由から、「嬉野温泉」を体験する場所は公衆浴場「シーボルトの湯」となりました。

シーボルトの湯
「シーボルトの湯」ロビー

「シーボルトの湯」の外観は、とんがり帽子とレンガ色の屋根が特徴的で、昔の病院にありそうな面持ち。
入口を入った先にあるロビーも外観そのままに、長椅子が並んでいれば昔の病院の待合室の様です。

券売機(シーボルトの湯)

利用料金は、大人420円(70歳以上320円、こども210円)で、券売機でチケットを購入します。
あと、手ぶらで寄ったためにタオルが無かったので、名入れタオルも220円で買いました(厚みが有ってしっかりしたものでした)。

温泉成分表(シーボルトの湯)

そして、大浴場にて「嬉野温泉」のお湯を体験!
源泉の温度が85℃と高いことから、適温にするために加水しているのですが、それでもとろみが有ってまろやかさを感じられる、無色透明な弱アルカリ性(pH 7.72)のお湯でした。
実際、お風呂上りには、50代後半のおじさんの肌さえもスベスベになっていましたので、「美肌の湯」と謳われるだけのことはあると納得(偉そうで済みません)。
これでやっと、春から半年間モヤモヤしていたものを払拭することができました。
なお、衛生管理の都合上、循環ろ過されており、塩素系消毒剤が使用されていることから臭いがあるのはやむを得ないところですが、源泉かけ流しのお風呂が有る宿もありますので、気になる方はそちらを利用することをお勧めします。

<源泉かけ流しのお風呂が有る宿(公式サイト)>
 ・嬉野温泉 ことぶき屋
 ・ハミルトン宇礼志野
 ・御宿 高砂

ゆっつらくん
休憩室

2階には休憩室があり、ゆるキャラ「ゆっつらくん」の皮がお出迎え。
1階の券売機で、周辺の飲食店の出前が注文できる様なので、こちらで食べるのでしょう。

「シーボルトの湯」バルコニーからの眺め

休憩室横のドアからは、ルーフバルコニーに出られます。
建物の横を流れるのは塩田川(別名、嬉野川)。
天気のお陰もあり、山あいの静かな温泉地という雰囲気で、とてもゆっくりとした時間が流れていました。

<「シーボルトの湯」基本情報>
 所在地  佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙818-2 
 営業時間 6:00~22:00
 休館日  毎月第3水曜日
 利用料  大人 420円
      こども 210円
 駐車所  あり(利用者は90分無料)

なお、「シーボルトの湯」のお風呂は大浴場だけではなく、1階と2階に貸切湯もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次